食べる

高田馬場の「しろくまカフェ」が宮古島移転で閉店 ファンら最後の別れしのぶ

「しろくまカフェ高田馬場店」の最終営業日に行われたセレモニーイベントに入店する参加者

「しろくまカフェ高田馬場店」の最終営業日に行われたセレモニーイベントに入店する参加者

  • 93

  •  

 「しろくまカフェ高田馬場店」(新宿区高田馬場2)が来年4月に宮古島に移転するため、9月28日、営業を終了した。

「しろくまカフェ高田馬場店」閉店告知の翌日、早稲田通りにできた行列の様子

 ヒガアロハさん原作の漫画をアニメ化した「しろくまカフェ」のコラボカフェ。アニメは全50話で、2012(平成24)年6月から2013(平成25)年3月までテレビ東京系で放映された。登場するキャラクターや作品をモチーフにした内装の店内で、オリジナルのフードやドリンクを展開するほか、グッズの販売も行ってきた。

[広告]

 2012年にオープンし、2014(平成26)年からは、ライスをキャラクターの顔の形に盛り付けるなど立体的なフードメニューを増やしてきた。アニメではシロクマくんがマスターの「しろくまカフェ」が舞台になっており、作品中に登場するメニューも提供。ファンから親しまれる店として、昨年末に7周年を迎えていた。

 現店舗の閉店と沖縄県宮古島市への移転は、9月5日にホームページで告知された。移転を告知するツイートには、約1.2万のリツイート、3000を超える引用リツイート、1万超のいいねが付き、ファンの間で話題になった。

 移転告知のツイートには、「しろくまさん沖縄行ったら日焼けしてグリズリーさんになってしまうよ」「沖縄か…簡単には行けなくなるな…」「沖縄!??????移転前に1回行こう………」(以上、原文ママ)など、285のコメントが寄せられ、沖縄への移転にも注目が集まった。

 移転告知の翌日には、閉店をしのぶ多くのファンが来店。店前の早稲田通りに入店を待つ行列ができた。連日大勢の客が来年する中、19時までだった営業時間を22時まで延長したり、整理券を発行したり、混雑緩和のための取り組みをしてきた。

 9月20日には、最終営業日を含む26日~28日の3日間は、事前抽選制で当選した人が来店できるフィナーレイベントを開催することを告知。10時、12時、14時30分、16時30分、19時の回を設け、各回90分のイベントを実施した。最終日の28日のみ21時からの回も設けた。

 9月25日には原作者のヒガアロハさんがツイッターで「しろくまカフェ高田馬場店」の宮古島への移転についてツイート。多くの人が来店していることにお礼を伝え、店の思い出やスタッフへのねぎらいの言葉とともに、宮古島市への移転の経緯について説明を行った。

 店舗立地に宮古島市が選ばれた理由は公表されていない。

Stay at Home