3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

「しろくまカフェ高田馬場店」が7周年 87種のオリジナルメニュー、毎月フェアも

「しろくまカフェ高田馬場店」の池田健人さんと佐藤通子店長(左から)

「しろくまカフェ高田馬場店」の池田健人さんと佐藤通子店長(左から)

  • 45

  •  

 「しろくまカフェ高田馬場店」(新宿区高田馬場2、TEL 03-3204-7818)が12月8日、7周年を迎えた。

「しろくまカフェ」が提供する「パンダロールケーキ」(720円)

 ヒガアロハさん原作の漫画をアニメ化した「しろくまカフェ」のコラボカフェとして2012(平成24)年にオープン。アニメは全50話で、2012年6月から2013(平成25)年3月までテレビ東京系で放映された。登場するキャラクターや作品をモチーフにした内装の店内で、オリジナルのフードやドリンクを展開するほか、グッズの販売も行う。55席でキッズルームと完全分煙の喫煙所を併設。約40坪。

[広告]

 オープン当時からコンセプトを重視したメニューを展開してきたが、2014(平成26)年から、ライスをキャラクターの顔の形に盛り付けるなど立体的なフードメニューを増やしてきた。アニメではシロクマくんがマスターの「しろくまカフェ」が舞台になっており、「いつものやつ(カフェモカ)」(600円)、「キノボリコーヒー」(260円)、「笹(ささ)大盛り(サラダM)」(380円)、「シロクマ・グリズリーの思い出シチュー」(1,100円)などの作品中に登場するメニューも提供する。

 オリジナリティーを追求しているというグランドメニューは、ドリンク41種、フード18種、子ども向けフード5種、軽食10種、デザート13種の合計87種。毎月フェアを行い季節感を追求するほか、特定のキャラクターを取り上げた期間限定メニューを提供する。12月は「クリスマスブリュレラテ」(680円)、「サンタさんのベリームース」(790円)、「雪だるまのベリーココア」(650円)、「ラマさんのホワイトクリスマスカレー」(1,400円)、「トナカイパンダケーキ」(790円)などをクリスマスフェアとして展開している。12月29日まで。

 客層は7割が女性。アニメ「しろくまカフェ」のファンも多いが、近隣の家族連れ、日本語学校が多いこともあり外国人、カフェを求めるサラリーマンなど幅広いという。12月7日、8日には、ドリンクとデザートの「7周年記念メニュー」を提供した。ドリンクはシロクマ、パンダ、ペンギンの3種類から好きなラテアートを選べる「7周年ラテ」。店が7歳の誕生日ということで「7周年デザートプレート」では、バースデーケーキを用意した。数量限定でメニューは全て完売したという。

 店長の佐藤通子さんは「多くの方のおかげで、無事に7周年を迎えることができた。1つのコンテンツで長く営業しているコラボカフェは珍しいと思う。これからも『しろくまカフェ』のファンの方をはじめとするお客さまに、いつも当店がこの場所にあるという安心感を提供していきたい。引き続き、お客さまに喜んでいただけるお店の雰囲気づくり、メニュー開発などに取り組んでいければ」と意気込む。

 営業時間は10時~22時。

Stay at Home