買う

西武鉄道がプラレール「DORAEMON-GO!」を先行発売 高田馬場駅のトモニーなどで

西武鉄道が先行販売するプラレール「SC-03 西武鉄道 DORAEMON-GO!(ドラえもんごう)」(©Fujiko-Pro)

西武鉄道が先行販売するプラレール「SC-03 西武鉄道 DORAEMON-GO!(ドラえもんごう)」(©Fujiko-Pro)

  • 67

  •  

 西武鉄道がプラレール「SC-03 西武鉄道 DORAEMON-GO!(ドラえもんごう)」の先行販売を12月12日から行う。

西武鉄道が西武新宿線などで運行する電車の「DORAEMON-GO!(ドラえもんごう)」

 西武鉄道はドラえもんのコミック連載開始50周年を記念して、ラッピング電車「DORAEMON-GO!」を10月8日から運行しており、その電車がモデル。12月17日にタカラトミーから一般販売されるが、グランエミオ所沢で12月12日から、西武線沿線の駅ナカ・コンビニ「トモニー」で13日から先行販売する。価格は3,300円。

[広告]

 高田馬場駅での販売は、「トモニー」の3番線ホーム上にある「高田馬場駅ホーム店」、JR高田馬場駅との連絡口の改札内にある「高田馬場駅橋上店」、早稲田口改札外にある「高田馬場駅早稲田口店」の3カ所。1回の購入で2個までの購入制限がある。販売予定数は非公表。

 「DORAEMON-GO!」は2008(平成20)年デビューした車両・30000系(スマイルトレイン)を使用。車両側面をドラえもんカラーのブルーにラッピングし、前面はドラえもんの顔に見立てた。車内も背もたれや袖仕切り、手すり、貫通扉、マナーステッカーなどに装飾がされている。

 ドラえもんのアニメを制作する「シンエイ動画」が田無にあることから、西武新宿線を中心に拝島線、多摩湖線(萩山~西武遊園地)を運行。「西武線アプリ」で電車の走行位置を確認できる。

 西武鉄道広報部担当者は「プラレール『SC-03 西武鉄道DORAEMON-GO!』を購入いただき、実車と同じようにご家庭でもプラレールでワクワク感を楽しんでほしい」と話す。

 「実車の『DORAEMON-GO!』は外装だけでなく、内装もさまざまな場所にドラえもんの装飾を施し、どこにいてもドラえもんを感じていただけるワクワク感あふれる電車になった。新宿線や拝島線などで運行し、「西武線アプリ」で走行位置を確認することもできるので、実車にも乗車いただければ」と呼び掛ける。