食べる

早稲田に名古屋発祥の油そば専門店「歌志軒」 都内2店目、ラーメン激戦区に挑戦

油そば専門店「歌志軒(かじけん)」の定番メニュー「油そば」

油そば専門店「歌志軒(かじけん)」の定番メニュー「油そば」

  •  
  •  

 名古屋を中心に展開している油そば専門店「歌志軒(かじけん)早稲田店」(新宿区馬場下町、TEL 03-3825-2557)が、東京メトロ早稲田駅前に4月23日オープンした。

オープン初日に多くの客でにぎわう「歌志軒(かじけん)早稲田店」

 創業者の加地健一さんは30歳のときに偶然出合った油そばに衝撃を受け、「油そばを通じて多くの人に感謝と感動を与えたい」との思いで、2010年に愛知県名古屋市で歌志軒を創業。麺は小麦を数種類ブレンドした自家製。トッピングは20種類以上をそろえ、卓上調味料も数種類用意。期間限定のトッピングや店舗限定のトッピングもあり、「油そばを自分好みにカスタマイズできる」という。

[広告]

 現在、名古屋市を中心に国内で54店舗を展開するほか、中国やシンガポールなど海外にも出店。都内では2店舗目となる。高田馬場・早稲田はラーメン店が多いエリア。「発祥の地・名古屋では大学生を中心に当店の油そばが人気。東京のラーメン激戦地で、初めてのチャレンジとして出店を決めた」という。席数は30席。

 「並盛」「大盛」「倍盛」「でら盛」からサイズを選べる定番メニューの「油そば」(サイズ順に650円、650円、770円、820円)、「油そば無双」(サイズ順に680円、680円、800円、850円)がベースの油そばとなる。トッピングは「明太子」(100円)、「青ネギ」(50円)、「チーズ」(100円)、「チャーシュー」(200円)など。早稲田店では、これまで妙典店だけの限定メニューだった「焼豚」(サイズ順に850円、850円、970円、1,020円)も提供する。今後早稲田限定のトッピングにも取り組んでいくという。 

 チラシを持参すると「油そば」の並盛・大盛が定価680円のところを500円で提供するほか、4人以上の来店でドリンクが1杯ずつ無料になるキャンペーンを4月27日~5月5日に実施する。

 店長の和泉ゆうがさんは「当店の油そばは、汁なしラーメンともまぜそばとも違う、麺のうまさをひたすら味わう、究極のラーメン。自家製麺、秘伝の特製タレ、門外不出の油、味が無限に変化する20種を超えるトッピングが特徴。妙典店だけで提供していたメニュー『焼豚』も提供するので、ぜひご賞味いただければ。学生を中心に多くのお客さんに末永く愛される店にしていきたい」と意気込む。

 営業時間は11時~23時。

  • はてなブックマークに追加