学ぶ・知る

早稲田大学で「紺碧の春」テーマにオンライン新歓 全面的な中止回避へ

2019年4月に行われた早稲田大学の新歓の様子

2019年4月に行われた早稲田大学の新歓の様子

  • 294

  •  

 「早稲田大学 新歓」の公式ツイッターアカウントが2021年度春学期の新歓のオンライン開催を3月4日、発表した。

初めて早稲田アリーナで開催された「2019年度学部入学式」の様子

[広告]

 早稲田大学の新歓は、毎年11月に開催される「早稲田祭」と並び、キャンパス内が多くの学生で埋め尽くされることで知られている行事。例年、入学式後に多くの新入生が参加し、学生サークルと出合う機会となっている。昨年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で中止になっていた。

 早稲田大学学生生活課が「2021年度春学期 サークル新歓活動 募集要項」を1月18日、公開。従来の形態での開催が難しい状況の中、全面的な新歓活動の中止を避けるために、「早稲田大学新歓公式サイト」を作成すると発表。感染状況によっては一部対面での実施を検討するとしていた。

 サークルからの申請は2月2日~12日に受け付けた。2月6日には2021年度新歓のテーマを「紺碧(こんぺき)の春」と発表。新歓は4月1日~4日に開催。昨年11月に開催された初のオンライン「早稲田祭」のように、学内のステージから各サークルがパフォーマンスを行い、配信する「ウエルカムステージ」を行う。

 早稲田大学周辺の飲食店「ワセメシ」を新入生に紹介する「ワセメシの春」も企画。新歓公式サイトで店舗を紹介したり、新入生限定割引や限定メニューを提供したりする企画への参加を呼び掛けていた。

 一般選抜入試の合格発表が2月20日から行われると、ツイッター上にはハッシュタグ「#春から早稲田」を付けたツイートが増加。合格の喜びをツイートする新入生や新入生を歓迎するサークルなどのツイートが日々行われている。

 早稲田大学は、「2020年度学部卒業式 芸術学校卒業式および大学院学位授与式」「2021年度学部入学式 大学院入学式」のスケジュール変更を2月26日、発表。参加人数を分散させるため、1日2回だった式典を3回に増やす。

 感染防止対策として、参加できるのは卒業生、新入生のみ。ライブ配信も行うが、学内での同時中継は行わない。卒業式は3月25日、26日、入学式は4月1日、2日を予定しているが、開催の有無は3月上旬に発表するとしている。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース