学ぶ・知る

早大で五輪出場の早大生アスリートをゲストにシンポジウム 「好きを、究める。」

「応援BIG-Tシャツ」の前に立つ早大生アスリートの山内大夢さん、弘津悠さん、須崎優衣さん(左から、撮影のためマスクを外している)

「応援BIG-Tシャツ」の前に立つ早大生アスリートの山内大夢さん、弘津悠さん、須崎優衣さん(左から、撮影のためマスクを外している)

  • 17

  •  

 「ASICS presentsスポーツシンポジウム『好きを、究める。』-現役アスリートに聞く国際大会での経験、早稲田の絆とは。-」が早稲田大学の小野記念講堂(新宿区戸塚町1)で12月20日、開催された。

リフレッシュ方法のけん玉を披露する須崎優衣さん

[広告]

 早大は、2016(平成28)年からアシックスとスポーツ振興を通じた地域・社会貢献などを目的とした組織的連携事業を行っており、今回のシンポジウムはその一環。東京2020オリンピックで活躍したレスリング女子50キロ級の金メダリストで早大スポーツ科学部4年の須崎優衣(崎はたつさき)さん、陸上競技男子400メートルハードル代表でスポーツ科学部4年の山内大夢さん、ラグビー女子競技代表でスポーツ科学部3年の弘津悠さんをゲストに招いた。

 第1部では、フリーアナウンサーの小倉星羅さんが司会を務め、「早大生から応援を受ける早大アスリート」と「早大アスリートを応援する早大生」をテーマに、東京2020大会に向け活動した早大生によるオリンピック・パラリンピック推進プロジェクト「VIVASEDA」代表の大井晃亮さんとゲストが対談する形式で行った。オンライン、対面で合計130人が参加した。

 オリンピック出場までの経緯や感想、新型コロナ禍での活動の様子やリフレッシュ方法など話題は多岐にわたった。「VIVASEDA」の活動に話題が及ぶと、須崎さんは「早大生からのメッセージの入った『応援BIG-Tシャツ』やSNSでの応援がすごく力になった」と話した。須崎さんがリフレッシュにしているというけん玉を披露する場面も。

 今後の目標について聞かれると、山内さんは「オリンピックで準決勝まで行けたが、世界との差を痛感したので、パリオリンピックや世界選手権で決勝に残って勝負できるようになりたい」、須崎さんは「一日一日を大切にしながら、課題を克服し、パリオリンピックで2連覇したい」、弘津さんは「個人としても世界と戦える選手になり、パリオリンピックに出場したい」とそれぞれ話した。

 第2部では、「VIVASEDA」を中心に「早大アスリートと学生の交流」をテーマに、各選手の自己紹介からうそを当てるゲームや、与えられたお題を各選手のジェスチャーから当てるゲームを行い、参加者と親交を深めた。イベントを終え、大井さんは「選手と直接話せたことは貴重な経験となった。東京オリンピックのために結成された『VIVASEDA』だが、パリオリンピックまで活動を続けられたら」と意気込みを語った。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース