買う

早稲田の書店で「モディリアーニにお願い」相澤いくえさん複製原画展 反響に驚きも

文禄堂早稲田店で開催されている相澤いくえさんのフェアの様子

文禄堂早稲田店で開催されている相澤いくえさんのフェアの様子

  •  

 漫画家・相澤いくえさんの複製原画展と選書フェア「モディリアーニにお願い」が現在、地下鉄東西線早稲田駅前にある書店「文禄堂早稲田店」(新宿区馬場下町)内のミニギャラリー「Waseda Book Gallery」で開催されている。2月21日に開催されるミニトーク&サイン会は募集開始翌日に定員に達する人気ぶりとなっている。

陳列された相澤いくえさんの「モディリアーニにお願い」第1巻

 相澤さんは、学生時代に「モディリアーニにお願い」(小学館)でデビュー、現在ビッグコミック増刊号で連載中。同作は東北の山中にある美術大学を舞台に、男子学生3人が美術と自らの可能性を信じ、努力を重ねて成長していく物語。

[広告]

 同作はスクリーントーンを使わず、全て手描きで描いていることも特徴。ダ・ヴィンチ編集部による「絶対はずさない!プラチナ本」に選ばれたほか、第21回文化庁メディア芸術祭で「マンガ部門 審査委員会推薦作品」にも選ばれている。

 トークイベントの人気ぶりは想定外だったようで、同店の山田勉店長は「大変な反響に驚いている。申し込みは20歳前後~30代の男女が多い」と話す。同店をプロデュースしたYOURS BOOK STOREの平木龍大さんが、「学生にこの作品を届けたい」と思いアプローチし、今回の企画が実現したという。「展示物は作品が全て手描きなので、線一本一本に込められた思いが伝わる。ぜひ相澤さんの世界観に触れていただければ」と話す。

 山田さんは「選書には、それぞれに相澤さんのコメントが付けられている。イベントはすでに定員に達してしまったが、相澤さんがどのような本に影響を受けたか知れる機会。ファンの方はぜひご来店いただければ」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は9時~24時。3月17日まで。