3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

西早稲田の「GOTTA2」がボードゲーム「Flip over Frog」 海外展開から国内販売へ

「GOTTA2」スタッフのたにしさんと新たに国内販売する「Flip over Frog」

「GOTTA2」スタッフのたにしさんと新たに国内販売する「Flip over Frog」

  •  
  •  

 ボードゲームの開発とボードゲームカフェの運営を行う「GOTTA2(ゴッタニ)」(新宿区西早稲田2)が、オリジナルボードゲーム「Flip over Frog」の国内販売を3月1日に始めた。

「GOTTA2」が作った「Flip over Frog」の国内流通品と世界流通品のパッケージ(左から)

 「Flip over Frog」は、イベント限定商品「ひっくりガエル」として2015(平成27)年にリリース。あらかじめ決められた自分のシンボルカードを4×4マスの陣地にどれだけ多く並べられるかを競うゲームで、最大4人までプレーが可能。「4色のオセロと思ってもらえれば。子どもも楽しめるシンプルなルールだが、大人が本気でやると難易度が上がる奥が深い」(GOTTA2担当者)という。作者は「GOTTA2」の岡部拓也さん。

[広告]

 2018(平成30)年8月には、ゲームソフト開発を手掛ける「MUTAN」(豊島区)から「Nintendo Switch」のダウンロードソフト「ひっくりガエル」として発売された後、ドイツで開催されるボードゲームの祭典「Internationale Spieltage SPIE(エッセンシュピール)」に同年10月に出展。それまで約30種類のボードゲームを開発してきた同社が、初めて海外展開を目指し注力してきた。

 「エッセンシュピール」の出展がきっかけで、北アイルランドでアナログゲームなどを展開する「HUB Games」にライセンスを供与し、国内を除く世界流通品の「Flip over Frog」が2019年10月に発売された。これまで約1万個が販売されているという。

 国内販売を始めた「Flip over Frog」のシンボルカードは、カエル、ネコ、ウサギ、キンギョの4種類の生き物がモチーフ。世界流通品は、色違いのカエル4種で、デザインが異なる。カードや陣地のマットのデザインもイベント限定商品から一新した。日本語の他、ドイツ語、フランス語、英語、イタリア語に対応。家電量販店、ボードゲーム専門店、Amazonなどで購入できる。2,180円。

 「GOTTA2」代表の柳川一隆さんは「世界での一般販売が先行したが、国内での一般販売にこぎつけることができた。皆さんにこのゲームを紹介できる日が来て、うれしく思っている。『Flip over Frog』は家族向けのゲーム、初めての人でも楽しく遊んでもらえる。手に取っていただければ」と呼び掛ける。

Stay at Home