3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

高田馬場にスーパーマーケット「anshin mart」 飲食店がノウハウ生かし新業態

「anshin mart 高田馬場店」野菜の陳列の様子

「anshin mart 高田馬場店」野菜の陳列の様子

  • 173

  •  

 石窯ピザと有機・無農薬・減農薬の食材を取りそろえるスーパーマーケット「anshin mart (安心マート)高田馬場店」(新宿区高田馬場2、TEL 03-5155-7737)が、7月14日にオープンした。

「anshin mart (安心マート)高田馬場店」吉岡徹支店長(左から2人目)とスタッフの皆さん

 同店は、「土風炉」「日本橋亭」「鳥元」などの飲食店を運営するラムラ(東京都中央区)の新業態。2020年6月まで同社が「gigas Oyster Spot Bar 高田馬場店」として営業していたオイスターバーを業態転換した。

[広告]

 「健康的で安全な食生活が、安心できる明るい未来へとつながる」として、有機JAS認証、無農薬・減農薬の野菜や米、ホルモンフリーの肉を使って自社工場で加工するソーセージなどの商品を取り扱う。

 系列レストラン監修のオリジナル商品、「銀兎」「土風炉」「土古里」のドレッシング(630円~)、「土風炉のもっちり豆腐」(216円)、「過門香」の「香る杏仁(あんにん)豆腐」(302円)なども取り扱う。

 酒類は、オーガニックワインを中心に取りそろえるほか、「響」「山崎」「竹鶴」などの国産プレミアムウイスキーを30ミリリットル(440円~)から量り売りする。

 テークアウトでは、「奥久慈の厚焼玉子」(410円)、「九条ねぎ厚焼玉子」(421円)などの総菜のほか、「有機野菜のエスニックカレー」(486円)、「有機野菜のポロネーゼ」(518円)、「ハンバーグ弁当」(734円)をはじめ、和風・洋風・中華風の総菜、弁当を全て店舗で調理して提供する。

 18席のイートインスペースでは、ランチタイム全品890円(税抜)のセットメニュー、ディナータイムは「ちょい飲み」にも最適なアルコール各種とつまみ、石窯で焼き上げるピザのほか、パスタ、肉料理などを用意する。テークアウトした総菜や弁当を食べることもできる。

 新業態となる同店支店長を務める吉岡徹さんは「野菜の管理など経験がなく難しいことも多いが、より深く食品と向き合うようになった。当社の各業態のスペシャリストと連携して、どうすればおいしくて栄養が取れる料理になるのか工夫を続け、より良い店にしていきたい」と意気込みを見せる。「高田馬場で他店にない価値が提供できると考えている。こんな時だからこそ、当社がこだわる食材や料理を知ってほしい。足を運んでいただきたい」と呼び掛ける。

 現在、オープン記念として、「オリジナルブレンドコーヒー」を100円で、注文を受けて皮ごとミキサーにかけて作る「有機野菜ジュース」を250円で提供、テークアウト・イートインのピザの半額提供などのサービスを行っている。

 営業時間は10時~22時。

※ 同店は、8月6日で閉店となりました。

Stay at Home