買う

早稲田生向け総合情報誌「Milestone Express」発売 早大近隣の書店で店頭売り

文禄堂早稲田店で「Milestone Express」の店頭販売をする水野小春さん小長谷(こながや)智輝さん(左から)

文禄堂早稲田店で「Milestone Express」の店頭販売をする水野小春さん小長谷(こながや)智輝さん(左から)

  •  
  •  

 早稲田大学マイルストーン編集会が出版する早大生向け総合情報誌「Milestone Express」の2019年版が、3月12日に発売された。

文禄堂早稲田店で「Milestone Express」が陳列されている様子

 「Milestone Express」は早大生へのアンケートを基に講義情報やサークル情報、ゼミ情報など大学生活に必要なコンテンツをまとめた総合情報誌。2019年版では早大OBで作家の重松清さんのインタビューを掲載する。早稲田大学周辺にある476店の飲食店情報をまとめた小冊子「EXPO」が同封され、早稲田エリアで食べることができる「ワセメシ」も紹介する。

[広告]

 毎年発売日には近隣の書店で店頭販売が行われ、早稲田エリアの風物詩となっている。早稲田大学最寄りの書店「文禄(ぶんろく)堂 早稲田店」(新宿区馬場下町)や高田馬場駅前の書店「芳林堂 高田馬場店」(高田馬場1)では発売日に店頭売りを実施。来期の履修投稿を控えた早大生が、最新の情報をまとめた「Milestone Express」を求めて行列する様子も見られる。

 「文禄堂早稲田店」では同日16時時点で約700冊を販売。Amazonの「本の売れ筋ランキング」でも8位となっており、人気の高さがうかがえる(3月14日現在)。販売価格は550円。

 文禄堂早稲田店の山田勉店長は「当店では発売日から1週間くらいは店頭販売を実施している。毎年履修登録が落ち着く4月中旬くらいまでは多くの早大生が求める総合情報誌。毎年の恒例行事のようなもので『Milestone Express』の発売で春を感じる。今年も多くの早大生に手にしていただければ」と呼び掛ける。

  • はてなブックマークに追加