食べる

高田馬場の居酒屋「わっしょい」 10年ぶりにメニュー刷新 ビール銘柄変更も

居酒屋「わっしょい」の店員、オアイン・グォールさん、園田義則さん、グエン・ヴァン・ヒェップさん(左から)

居酒屋「わっしょい」の店員、オアイン・グォールさん、園田義則さん、グエン・ヴァン・ヒェップさん(左から)

  •  
  •  

 高田馬場駅の居酒屋「わっしょい」(新宿区高田馬場1、TEL 03-5273-0267)が11月25日、グランドメニューを10年ぶりに刷新した。

リニューアルされた居酒屋「わっしょい」のグランドメニュー

 1988(昭和63)年にオープンした同店。28人・20人で使える個室、60人の座敷を用意。大人数の打ち上げにも対応し、学生を中心に幅広く親しまれる居酒屋として、昨年30周年を迎えた。11月11日には冬の主力メニュー「鍋付き2時間飲み放題」コースを税込み2,200円から2,000円に値下げするとツイート。同店ファンがツイッターで話題にしていた。

[広告]

 10年間使ってきた以前のメニューが傷んできたことなどもあり、今回、グランドメニューを刷新。料理長の今村浩介さんは「以前から構想はあったが、ようやく実現することができた」と話す。2~3カ月で変わる「季節メニュー」の人気メニューをグランドメニューに追加するなど、約半数を入れ替えた。

 入り口に大きく掲示し、同店の代名詞にもなっていた150円の生ビールは「キリンラガー」から「キリン一番搾り」に変更し、新価格は180円に。「キリンラガー」は瓶ビール(中瓶480円)で残す。今村さんは「銘柄変更を知らずにビールを飲んだお客さんから『銘柄変えました?』と言われることもあり、驚いている」と話す。

 新たにメニューに追加したのは、中之村俊社長がよくつまみにしていたことからメニューに入った「昭和のスター レーズンバター」(380円)をはじめ、「舟盛り(5点)」(1,000円)、「大皿!! 揚げ物盛り合わせ」(1,000円)、「野菜スティック(キュウリ、セロリ、ニンジン)」(380円)など。「新しい料理の発見や以前あった料理が無くなったなど、新しくなったグランドメニューを楽しんでいただければ」と今村さん。(以上、価格は税別)

 「平成から令和に変わり、『令和も、わっしょいで飲もうぜ』と言ってもらえる店を目指して、グランドメニューを改定した。以前からある料理も作り方や盛り付けを変えるなど改良している。12月に入り忘年会シーズンを迎える。多くのお客さんに喜んでもらえるよう頑張っていきたい」と意気込む。

 営業時間は16時~翌5時。

SmartNews Awards 2019