3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

高田馬場のジムトレーナー・Krush王者のレオナさん、K-1王者に挑戦 「母との約束果たす」

高田馬場のキックボクシングジム「LARA TOKYO」のトレーナーで、Krushスーパーフェザー級王者のレオナ・ペタスさん

高田馬場のキックボクシングジム「LARA TOKYO」のトレーナーで、Krushスーパーフェザー級王者のレオナ・ペタスさん

  • 37

  •  

 高田馬場のキックボクシングジム「LARA TOKYO」(豊島区高田3)のトレーナーで、Krushスーパーフェザー級王者のレオナ・ペタスさんが、K-1スーパー・フェザー級王者の武尊さんと対戦することが、8月25日発表された。

高田馬場のキックボクシング「LARA TOKYO」のレオナさんとの練習風景

 レオナさんは、弟で同じく現役Krush選手の加藤虎於奈(こおな)さんらと共に、昨年12月にオープンした「LARA TOKYO」でトレーナーを務める。「デジタルに囲まれた社会で、体の健康だけでなく、心の健康も提供したい」との思いから、キックボクシングとフィットネスを組み合わせたトレーニングプログラムを提供している。

[広告]

 Krushスーパー・フェザー級王者のレオナさんは、7月21日に開催された「Krush.115」のメインイベント「Krushスーパー・フェザー級タイトルマッチ」で、大岩龍矢さんに判定勝ちし、2度目の王座防衛に成功。試合後にはレオナさんの「次、やりませんか」とのマイクアピールに、大岩さんのセコンドについていた武尊さんがその場で「やろうぜ」と応じる場面があり、対戦の期待が高まっていた。

 レオナさんは、昨年12月に開催された「Krush.109」のメインイベント「Krushスーパー・フェザー級タイトルマッチ」で山本直樹さんにKO勝利し、初防衛に成功。その試合直後のマイクパフォーマンスでも、武尊さんへの挑戦に言及していた。3月に開催された「K'FESTA.3」では、武尊さんを苦しめていたという村越優汰さんにKO勝利しており、念願の武尊選手との一戦となる。

 K-1世界王者になることは4月にがんで他界したレオナさんの母親との約束。レオナさんは「ベルトを見せることはかなわなかったが、母との約束を絶対に果たそうと思う」と話す。11月3日に開催される「K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級タイトルマッチ」(会場=福岡国際センター)で武尊さんに挑戦する。

 「LARA TOKYO」はジム会員にトレーナーの現役選手が成長している過程を共有することで、選手を一緒に成長していけるジムを目指している。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月から休業。6月から段階的に活動を再開しているが、ジムの維持が難しくなっていることからクラウドファンディングを実施している。9月3日時点で、58人から150万円弱が集まっている。9月5日まで。

 レオナさんは「11月3月は武尊選手という名実共に申し分ない王者に勝って、世界王者になる。僕が全身全霊で最強を目指すことができるのもジムがあり、師匠がいて、スタッフや仲間がいて、何よりファンの方の支えがあるから。僕のファイター人生でクライマックスの時が来た。ぜひ応援していただくことで一緒に夢を見て、興奮とやる気を共有していただければ。応援していただいたご恩は一生忘れない」と話す。

 「その拠点であるジムがコロナ禍に置いて経営の危機にさらされている。そこでクラウドファンディングを開始した。少しでもお力添えいただけるとうれしい。リターンは試合で、タイトルマッチで倍返ししたい」と意気込む。

Stay at Home