食べる

高田馬場のシェフが全国イタリア料理コンクールで大賞受賞

全国イタリア料理コンクール「The Authentic Italian Competition2019」で大賞を受賞した大貫成規さん(左)と「イタリア料理 フラットリア 高田馬場」の皆さん

全国イタリア料理コンクール「The Authentic Italian Competition2019」で大賞を受賞した大貫成規さん(左)と「イタリア料理 フラットリア 高田馬場」の皆さん

  •  
  •  

 「イタリア料理 フラットリア 高田馬場」(新宿区高田馬場1)のシェフ、大貫成規(まさき)さんが、在日イタリア商工会議所が主催する全国イタリア料理コンクール「The Authentic Italian Competition2019」で大賞を受賞した。

「イタリア料理 フラットリア 高田馬場」 カラスミとイカのパスタ

 同コンクールは、2年以上の実務経験を持つプロのイタリア料理人を対象に、日本のイタリア料理界を担う新たな料理人の発掘と日本における本場イタリア郷土料理の知識向上と普及を目的に行うもの。

[広告]

 10回目の開催となる今年は、応募者61人の中から1次審査を通過した8人のファイナリストが、11月25日に開催された決勝ラウンドで、持ち時間1時間の実技審査で技術を競った。決勝のテーマは、「Pasta! Pasta!! Pasta!!! ~パスタ一品勝負~」。大貫さんは、「ある郷土料理の形成」と名付けたカラスミとイカのパスタで大賞と「JOOP オリーブオイル賞」をダブル受賞した。

 大貫さんは、「フィレンツェのトラットリアで食べたカラスミのパスタからヒントを得て創作した。本来カラスミはフィレンツェとは縁のない食材。いわば観光客向けに作られた料理が長くその土地で愛され、いつの日か伝統・郷土料理と呼ばれるようになる。そういう形で育まれる郷土料理があってもいいのではないかと思考した。また、日本人にもイタリア人にも愛される料理をという思いから、両国で親しまれているイカを合わせた」と創作の意図を説明する。

 早稲田大学理工学部4年の在学中に、自分で作ったパスタがおいしいと感じたことをきっかけに料理人を志したという大貫さんは、卒業後、日本とイタリアのレストランでの修行の後、2014(平成26)年に入社。現在、同店でチーフシェフを務める。

 「賞レースのようなことには興味がなく、今回初めて参加した。料理についてじっくり考えるきっかけになったこと、審査員から多くのアドバイスが頂けたことなど参加のメリットは大きかった。何より常連のお客さまたちが、自分のことのように受賞を喜んでくださることがうれしく励みになる。お客さまのためにも、この店の常連であることがステータスとなるような店に育てていきたい」と笑顔を見せる。

 大賞を受賞したパスタは、来年1月31日までコースとアラカルトで提供する。

 営業時間は、11時30分~15時、16時~23時(月曜はランチ営業休み、祝日の場合は翌日のランチ営業休み)。

SmartNews Awards 2019