食べる 買う

高田馬場のベーカリー「馬場FLAT」、自家製パンアイスを販売

「馬場FLAT」の自家製パンアイス3種

「馬場FLAT」の自家製パンアイス3種

  • 128

  •  

 高田馬場のオレンジコートショッピングセンターにあるベーカリー「パンとコーヒー馬場FLAT」(新宿区大久保3、TEL 03-6205-5443)が、新商品のパンアイスを8月3日から販売している。

「馬場FLAT」のテラス席

 パンアイスは、「メロンパン×バニラ」「バンズ×ラズベリーホワイトチョコ」「抹茶バンズ×抹茶」(以上、税別350円)の3種類の組み合わせで用意する。アイスパンはメロンパンにアイスを挟むものが多いが、同店では、メロンパンのほか自家製パンに合わせて自家製アイスを組み合わせる。

[広告]

 レシピ開発から製造までを担う中島勇店長は、パンアイスの販売開始について「夏場はパンの売り上げが落ちる。パンアイスは夏でも売れる商品として数年前から構想していた。今夏、社員が増えたことなどから、商品化を実現できた」と話す。

 パンもアイスクリームも全て同店の手作り。アイスクリームの原材料となる牛乳、生クリームは国産品を使う。抹茶アイスの抹茶は香りを引き立たせるため静岡産茶葉を練ってペースト状にしたものを使う。

 「当店のアイスパンは、比較的やわらかく、子どももお年寄りも食べやすく出来上がっている。季節のフルーツやキャラメルを使うなど、今後も試作を重ね、商品を入れ替えながら通年通して販売できる商品に育てていきたい。折々に変化するアイスとパンの組み合わせを楽しんでいただければ」と笑顔を見せる。

 「パンとコーヒー馬場FLAT」は、2015(平成27)年10月にオープン。1981(昭和56)年に発足し約40年の歴史を持つ「オレンジコートショッピングセンター」内に立地する。

 同店は、2018(平成30)年8月には、パンに合う料理とお酒が楽しめるコミュニティーカフェとして「カフェとキッチン 馬場FLAT HANARE(フラットはなれ)」を出店。2020年4月には、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、学校が休校になり自宅にいることが多くなった子どもたちのためにと、自宅でパン作りを楽しめる冷凍したパン生地「おうちで馬場FLAT」シリーズの店頭販売を始めるなど、チャレンジを続けている。

 経営者の矢吹通康さんは「今秋、開店から5周年を迎える。これまで、できること、必要なことを考えてチャレンジし続けてきた。アイスクリームの製造販売には認可が必要で、個店のパン屋が手作りのパンアイスを販売するケースは珍しい。当店のパンアイスは持ち帰らず当店で召し上がっていただく商品。テラス席で楽しんでほしい」と呼び掛ける。

 営業時間は8時30分~19時。第2月曜定休。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース