3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

早大「山岳アルコウ会」有志が100万円 居酒屋クラファンの最高額リターンに支援

早大「山岳アルコウ会」が「わっしょい」25周年記念の飲み会を開き、進呈した特注の法被を着る「わっしょい」の代表・中之村俊さん

早大「山岳アルコウ会」が「わっしょい」25周年記念の飲み会を開き、進呈した特注の法被を着る「わっしょい」の代表・中之村俊さん

  • 365

  •  

 早稲田大学の学生サークル「山岳アルコウ会」のOB・現役生の有志が、高田馬場の居酒屋「わっしょい」(新宿区高田馬場1、TEL 03-5273-0267)が行っているクラウドファンディングの最高額リターン「わっしょいドリームチケット」(100万円)に5月16日、支援を行った。

「山岳アルコウ会」OBの子どもを抱く居酒屋「わっしょい」の代表・中之村俊さん

 1988(昭和63)年のオープン以来、学生や近隣住民に親しまれている「わっしょい」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で「例年と比べ売り上げが8割以上落ちている」という。常連客からの提案などもあり、クラウドファンディングを5月7日に始めた。約36時間で目標金額1,000万円を達成し、13日には1,500万円を突破していたが、「わっしょい」を1日中貸し切れる「わっしょいドリームチケット」には支援がない状況が続き、支援が入るか注目が高まっていた。

[広告]

 「山岳アルコウ会」は1952(昭和27)年に創立された早稲田大学公認サークル。初心者向けのハイキング程度の登山から冬山登山まで幅広く活動を行う。OBの岡村朱万里さんはサークルと「わっしょい」の関わりについて「サークルで集まるイベントの締めは、毎度朝まで『わっしょい』というのが通例」と話す。「何もない時でも、夕方部室に何人か人が集まると、自然と『わっしょい』に移動する流れになる」と振り返る。

 会員が「わっしょい」の近くに下宿を始めたことが、頻繁に通うきっかけになった。以来20年以上にわたり、その下宿部屋は会員が代々受け継ぎ、「わっしょいで飲んだ後に、終電を逃した会員の憩いの場になっていた」という。下宿部屋は昨年、老朽化で取り壊しになり、「わっしょい」でその部屋を懐かしむ会を行ったり、「わっしょい」25周年記念の飲み会を開き、代表の中之村俊さんらに特注の法被を進呈したりなど、数々のエピソードもある。「わっしょい」で頻繁に顔を合わせるため、OB・OGと現役生の垣根もないという。

 今回の支援は、若手OB有志が中心となり呼び掛けが行われ、岡村さんが実務を取りまとめた。岡村さんは「『わっしょい』がクラウドファウンディングを始める前からOBの中で何か支援をしたいという声が多く上がり、山岳アルコウ会の現役学生が『わっしょい』でバイトをしていて、何かできることはないか聞いていた」という。

 5月7日にクラウドファンディングが始まると、岡村さんは「ラインなどでやり取りする中で『ドリームチケットの購入を目指そう』という流れになった。こんな時でもドリームチケットという遊び心満載の企画を思い付く『わっしょい』さんはさすがだし、『そのフリに全力で答えよう』という感じで始まった」と100万円支援のきっかけを話す。

 岡村さんは、「『ドリームチケット』を集める算段をしている中で、各自がTシャツやパーカ、ジョッキなどをどんどんポチってしまう状況で、前のめりな人たちに待ったをかけて、スピーディーに集金するのが一番大変だった」と振り返る。ペイパルやラインペイ、銀行振り込みなどを使い集金し、クラウドファンディングの開始から9日後の5月16日に、集めた100万円で「ドリームチケット」に支援を行った。山岳アルコウ会の現役会員から1980(昭和55)年卒の代まで、70人以上が協力したという。

 岡村さんは「『別のリターンである10万円の貸し切り券10枚の方が使いやすそう』なんてやぼなことは言わない。一晩貸し切りで100万のドリームチケットという最高のフリ、そして、そのフリに全力で答えてくれた山岳アルコウ会の皆さんに感謝を伝えたい」と話す。

 「現在は新型コロナの影響で、山岳アルコウ会も活動を自粛しているが、活動再開したら必ず新歓期間を設け、1年生をたくさん誘って『わっしょい』に遊びに行きたいと現役も意気込んでいる。『わっしょい』クラウドファウンディングの勢いを目の当たりにし、改めて『わっしょい』が山岳アルコウ会だけでなく多くの早大生に愛されていることを実感した。これからも『わっしょい』には、みんなの帰る場所であり続けてほしい」とエールを送った。

 クラウドファンディングでは、「わっしょい」のロゴをプリントした「スポーツタオル」や「ベースボールキャップ」、ロンパース、Tシャツ、よだれ掛けがセットになった「Baby Gift Set」が新たにリターンとして5月20日に追加されている。クラウドファンディングは6月22日まで。

Stay at Home